×

Android版モアは現在開発中です。

アタックメール徹底講座!! ~②返信率の高いメールと、低いメールの違いはここだった!~

お疲れ様です。

運営事務局の井上です。

 

アタックメール徹底講座、その2です!

前回は「『なんて返したらいいかわからない挨拶メール』は返信率が低くなる」という話をしました。

今回は、より具体的に

返信率が高いメールと、低いメール、それぞれでどういう言葉が使われているのか?

それをお伝えしたいと思います!

 

返信率が高いメール


 

アタメ分析_接客マニュアル用_high

図は、例えば「はじめまして」という言葉が含まれている、返信率が高いメールが何通あるかをカウントしたものです。

 

返信率の高いメールには

「通話」「電話」「ビデオ」

といったワードが多用されており、

「通話したい・通話できる」ことをほのめかすメールは返信率が高くなりやすいことが考えられます。

「エッチ」「ムラムラ」などの単語も多く、やはり少しアダルトをほのめかすメールのほうが返信率が高くなりやすい

ということもわかります!

 

返信率が低いメール


 

アタメ分析_接客マニュアル用_low

「はじめまして」「こんにちは」

「仲良くしてください」「お話したい」

といったいわゆる"挨拶メール"は、返信率が低くメールには特に多用されています。
(返信率が高いメールにもよく使われていますが、数としては低いメールのほうが多いです)

「メール」「メッセージ」「お話」などといったワードも返信率が低いメールの特徴です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

全体的に、

ただのあいさつで終わってしまうメールは、返信率が低くなる傾向が強く

通話やアダルトをほのめかすことで、返信率が高くなる傾向がある

ということがわかりました。

 

アタックメールの返信率が低くて悩んでいる、という方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

関連記事

関連カテゴリー

ダウンロードはこちらから

  • App Storeからダウンロード

お小遣い情報をシェアする

  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア
© 2022 moa-app.com All Right Reserved.